3.木造建築と外装材の制限等

(2)延焼のおそれのある部分
 隣接する建築物等が火災になった場合に、延焼する可能性の高い部分のことで、隣地境界線又は前面道路中心線から、1階は3m以下、2階以上の場合は5m以下の距離にある部分のことをいいます。




木材と人と地球環境木材と建築基準木材と防火木材と構造強度木材と室内空気環境
Copyright(C)2005 Japan House and Wood Technology Center