ホーム住宅・木材・接合金物等の認定・認証構法・部材・建材等の試験・評価木材と木造住宅に関する技術情報提供・出版物木材利用と木造住宅生産技術の調査・研究・開発当センターの概要を説明します銘木の展示サイトマップ



材料性能試験室

(クリックすると試験施設及び試験の画像がご覧いただけます  材料性能試験)

 

◇材料性能関連の建材試験

(表に掲げられていない試験は担当者にご相談下さい。)              (平成26年4月1日から)


☆化学物質の試験

区分 試験方法 試験体の仕様 試験料金(円)(税込) 備考
ホルムアルデヒド放散量 デシケーター法(JAS又はJIS) 1組目 49,680 空試験を含む
2組目以降 35,640
ホルムアルデヒド又はアセトアルデヒド放散量 小型チャンバー法(JIS A 1901) 1成分目 156,600
2成分目以降 10,800 (1成分目と同一分析で定量可能な成分)
薬剤定量分析 無機成分 1成分 37,800
有機成分 1成分目 41,040
2成分目以降 10,800 (1成分目と同一分析で定量可能な成分)

☆JAS規格関連試験

区分 試験項目 試験体の仕様 試験料金(円)(税込) 備考
接着の程度 減圧加圧はくり試験 2回処理・1件 45,360 ・集成材のJASに準ずる
・1件は2試料
・柱角を基準、大断面等は別途割増
1回処理・1件 30,240
ブロックせん断試験 1件 17,280

*JASに準じるその他の試験は別途お見積もりします。


☆床用現場接着剤の試験

試験項目 試験内容 試験体数 試験料金(円)(税込) 備考
ブロックせん断試験 湿潤材試験 30片 122,040 床用現場接着剤の性能試験方法による
凍結材試験 30片 147,960
乾燥材試験 30片 122,040
すきま充填性試験 30片 122,040
耐水性試験 30片 141,480
フィルム老化試験 耐酸素老化性試験 3片 195,480


◇材料性能関連の性能評価    

当財団では、省令59条の区分8の3(ホルムアルデヒド発散建築材料の性能評価)を実施しています。

実施内容

関係法律条文 評価内容 手数料(万円)
令第20条の7第2項〜第4項 合板、フローリング、構造用パネル、MDF,パーティクルボード、LVL、集成材、その他の木質建材 40
壁紙 40
塗料など 40

性能評価の流れ

事前打ち合わせ▽ ・性能評価ご依頼の際には、事前に担当者にご相談ください・内容によっては申請をお受けできない場合もあります。・試験方法、試験体の制作方法、、試験の実施時期、試験に要する日時、 試験費用及び手続き等についてご説明します。・電話(03−3647−3930)・ファックス(03−3647−3840)等でお問い合わせください
申請の受付▽ ・性能評価の受付は、所定の様式(性能評価申請書)に記入、捺印の上、性能評価用提出図書とともにご提出下さい。・性能試験は時期により混み合うことがありますので、受付の際には、試験スケジュールをご確認ください。
契約の締結▽ ・性能評価業務は原則として、標準約款に準拠して実施します。
手数料のお支払い▽ ・契約締結後に性能評価番号(例;○○ー○○)を記入した請求書をお送りいたします。・試験手数料は前納制です。金融機関からの振込みでお願いします(現金、手形は扱っておりません)。
試験体の製作及び受入検査▽ ・試験片は、製造から7日以内の製品から採取し、アルミニュウム箔で密着し、ポリエチレン袋等に密封してお送り頂きますが、実施に当たっては担当者と調整して下さい。・試験体の採取状況を写真等で記録した資料を添付して下さい。
試験の実施▽ ・試験は財団の施設で行います。
性能評価の審査▽ ・学識経験者等の複数の評価員が公正に評価内容を審査します
性能評価書の交付 ・性能評価の審査終了後、性能評価書を交付します。・当財団では原則として大臣認定の申請代行を実施していませんので、性能評価書は封筒に密封した状態で交付しています。

◇関係資料(ダウンロード)

建材試験申し込み様式(Word形式)(PDF形式)

性能評価業務標準約款(PDF形式)

性能評価業務申請書(Word形式)(PDF形式)

性能評価業務説明書(PDF形式)

ホルムアルデヒド性能評価業務方法書

◇担当者

ホルムアルデヒド、薬剤分析及びAQ試験等に関するお問い合わせは、
材料性能試験室<大澤、鴛海(おしうみ)>にどうぞ。
(問い合わせ先)
電話:03−3647-3930(試験研究所)
ファックス:03−3647-3840



トップへ戻る住宅・木材・接合金物等の認定・認証構法・部材・建材等の試験・評価木材と木造住宅に関する技術情報提供木材利用と木造住宅生産技術の調査・研究・開発当センターの概要を説明しますお問い合わせ等はこちらから