私たちが望む木の住まい

  平成15年世論調査によれば、木造住宅に対するニーズは高く、60%が「木造在来工法による住宅」、20%が「木造のツーバイフォー工法等による住宅」、13%が「鉄筋コンクリート造等の非木造による住宅」を選びたいという結果がでています。
  木材を利用した住宅を選ぶときに、重視する点については、71%が「品質や性能が良く、耐久性に優れている」、66%が「健康に配慮した材料が用いられている」、41%が「国産材が用いられている」と続いています。
  木材の魅力については、74%が「断熱性が高く、夏は涼しく冬は暖かく感じる」、63%が「湿度を調節する働きがある」、「発生する香りなどの成分に気持ちを落ち着かせる効果がある」、53%が「家や家具などに使用したあと、紙やエネルギー資源などにリサイクルできる」などを挙げており、これらの魅力は、いずれも科学的にも証明されています。