準防火地域内の制限

準防火地域内の制限(法62条)

  3 階建以下で、延べ面積が500m2 以下のものであれば、木造とすることができます。なお、3 階建の場合は、柱や梁等を、通常の火災によって建築物が容易に倒壊しないような措置が必要となります。準耐火建築物の木造であれば、3階建以下で、延べ面積が1,500㎡以下のものが建てられます。

地域イメージ

防火地域の周辺の商業、業務地区及び居住地区等。
 

準防火地域内における3 階建木造建築物の防火措置(令136 条の2)

  準防火地域内において延べ面積が500m2 以内であれば、次のとおり一定の防火措置を行えば3 階建であっても木造とすることができます。
 

◆準防火地域内3階建木造建築物の仕様例