木材は、構造材、外装材、内装材等としてひろく建築物に利用されています。しかし、大規模な建築物や不特定や多数の人が利用する建築物では、火災が発生した場合、人命への危険性や周辺へ被害がひろがる可能性が高くなります。このため、建築基準法ではこれらの利用について一定の制限をしています。



建築基準法では、通常の木造建築物よりも高い防火性能を有する建築物として、耐火建築物、準耐火建築物を規定しています。

建築基準法では、建築物の倒壊を防ぐため、地域、規模、又は用途に応じて建築物の構造について一定の制限をしています。

建築基準法では、火災による延焼を防ぐため、地域等に応じて外壁等の構造に制限をしています。

建築基準法では、初期の火災が拡大することを防ぐため、用途、規模等に応じて内装に使用する材料について一定の制限をしています。




木材と人と地球環境木材と建築基準木材と防火木材と構造強度木材と室内空気環境
Copyright(C)2005 Japan Housing and Wood Technology Center